「jazz」タグアーカイブ

Shai Maestro沖縄公演レポート!

昨日は「宜野座国際音楽祭シャイ・マエストロ・トリオ」沖縄公演にお越しくださった皆様、ありがとうございました!
興奮さめやらぬ中、レポート書きます。拙い内容ですが、良かったらこの感動を分かち合いましょう!

沖縄公演は、「FROM ONE SOUL TO ANOTHER」で始まりました。
正確には、浮遊するようなシンセの音色のイントロ(もはやインプロ?)で始まりました!
何度聞いても美しい曲です。何度も繰り返されるテーマのフレーズ、東京ではこの曲を観客が歌い始める場面があったようですね。
グルーヴィーで熱い曲の後には、アンビエントなピアノにフリージャズ的なベースが絡むシーンも。
後半は「The Road to Ithaca」から「GAL」と「Chinema G」! スタッフ大好きな曲なので嬉しかったです…。
「GAL」テンポ速い、もう全く新しくなってて、曲がどんどん進化していましたね。
「Chinema G」もドラムのタムを中心としたフリーなソロから始まって、何の曲なんだろう?と思ったらそれかー!みたいな感じでした。
ちょっとルンバみたいリズムでやってたような…定かでないんですけど。ていうか全曲リズム、グルーヴがすごい。

シャイは大きく身体や頭を揺らしながら、ピアノとシンセを操ります。彼の意識はどこまで潜っていたんでしょう?
ウッドベースの低音が効いていて、そういうサウンドにしているんですね。ホルヘのテクニックもすごいけど、ベースマンな姿勢がぶれなくてボトムの安定感が半端なかったです。
ジヴは、本当にもっと評価されるべきドラマーですね。テクニック、グルーヴ、センス、音楽をつくる力が世界最高峰なんだと思いました。
パソコンでもいろいろやってましたね。(あの最近皆使ってるやつ!)ドラムのキックに音階を付けたり、自分の声を変えてみたり。アンビエントな雰囲気にもしてました。なんか新しい玩具を見つけた子供みたいで少し微笑ましい気持ちになってしましました(笑)三人とも人柄もとってもナイス!少年のキラキラした瞳をしていました。

実験的なこともしていましたが、基本アコースティックで、その熱いシーンが際立つような使い方というか。
総じてとってもジャズでした。スウィングの曲をやったわけではないけれど、ジャズ。たぶん姿勢ですよね。
オリジナル曲を本当にスタンダードみたいに演奏してました。バンドでたくさん演奏して、曲が染みついているのでしょう。
何より、三人のお互いへのリスペクト、楽曲への愛、どこまでも前向きな気持ちが伝わってきて、終わった後「明日も頑張ろう!」という清々しい気持ちになれたのがすごい。
すごいものを目撃した…といったかんじです、本当に素晴らしいライブでした。ピアノトリオのフォーマットにおける現代最高峰のバンドであることは間違いありません。この場に立ち会えた幸運に感謝です。
シャイ、ホルヘ、ジヴ、本当にありがとう!

 

9月の公演スケジュール

おはようございます、がらまんホールです。今月も楽しみな公演があります、どうぞお見逃しなく!😊

金曜日の夜、他では聴けないモダン・ジャズはいかがですか?

9月8日(金)今年度最後(?!)の宜野座国際音楽祭は、シャイ・マエストロ・トリオです。 今やニューヨークのジャズシーンを語る上でも外せない、才能あふれるミュージシャンを多数輩出しているイスラエル。その中心に立つシャイ・マエストロがニューアルバムを携えて、待望の初・沖縄公演を行います。ユダヤの哀愁を帯びたフレーズやメロディ、中東のオリエンタルな雰囲気が加わった、新しいジャズの風を感じてください🎵
【日時】2017年9月8日(金)19:30開演(18:30開場)
【場所】がらまんホール
【料金】
一般前売 4,500円(当日 5000円)
村民割引 3,500円(村民割引は村内在住、在勤者のみ)
学生割引(小学生〜高校生) 2000円
*全席自由
*未就学児の入場不可
【出演】
シャイ・マエストロ Shai Maestro(pf)
ホルヘ・ローダー Jorge Roeder(B)
ジヴ・ラヴィッツ Ziv Ravitz(Dr)
【ホールHPチケット予約】http://garaman.jp/events/form.php?num=222

宜野座国際音楽祭「Shai Maestro Trio(シャイ・マエストロ・トリオ)」イスラエル・ジャズを牽引する若きピアニスト、シャイ・マエストロは19歳からベース奏者アヴィシャイ・コーエンのバンドで活動、一躍脚光を浴びました。その実力は巨匠キース・ジャレットからも賞賛されるほど。ニューアルバムを携えて、待望の初・沖縄公演ががらまんホールにて行われます。皆様どうぞご来場ください。【日時】2017年9月8日(金)19:30開演(18:30開場)【場所】がらまんホール【料金】一般前売 4,500円(当日 5000円)村民割引 3,500円(村民割引は村内在住、在勤者のみ)学生割引(小学生〜高校生) 2000円*全席自由*未就学児の入場不可【出演】シャイ・マエストロ Shai Maestro(pf)ホルヘ・ローダー Jorge Roeder(B)ジヴ・ラヴィッツ Ziv Ravitz(Dr)【ホールHPチケット予約】http://garaman.jp/events/form.php?num=222

宜野座村文化センターがらまんホールさんの投稿 2017年8月12日

 

9月9日はこちら、タテタカコ×明星/Akeboshi「夏の星座 音の時間~沖縄篇~」です。

唯一無二のシンガーソングライター2名によるツーマンライブ。沖縄の夏の夜空に浮かぶ星座と、ふたりが奏でる音の世界をお楽しみください🌟

【日時】2017年9月9日(土)
19:30開演(19:00開場)
【場所】がらまんホール2Fロビー
【料金】
一般前売り2,500円(当日3,000円)
学生割引(小~高校生)1,500円(未就学児無料)
宜野座村民割引2000円
*チケットは限定70枚です。
*3歳未満のお子様も入場可能ですが、膝上鑑賞でお願いいたします。

【出演】タテタカコ、明星/Akeboshi
【ホールHPチケット予約】http://garaman.jp/events/form.php?num=237

タテタカコさんの『宝石』。是枝裕和監督の名作映画「誰も知らない」の挿入歌です。

明星/Akeboshiさんの『Wind』。テレビアニメ『NARUTO -ナルト-』のエンディングテーマに起用され、注目を集めました。

 

そしてお馴染みの大人の音楽会。今回は、名護市を中心に活動する北部で唯一のビッグバンド「ジャズホリック」の皆さんです!

大人の音楽会Vol.101   JAZZ HoLic CONCERT

【日時】2017年9月16日(土)19:30開演(18:30開場)
【場所】がらまんホール2Fロビー

【料金】
一律前売り1,000円(当日1,500円)
*チケットは前売り限定60枚です。

【出演】JAZZ HoLic CONCERT

【ホールHPチケット予約】http://garaman.jp/events/form.php?num=244

皆様ぜひぜひお越しくださいませ♩

 

シャイ・マエストロ・トリオ告知

9月8日宜野座国際音楽祭「Shai Maestro Trio(シャイ・マエストロ・トリオ)」の告知映像です~。

宜野座国際音楽祭「Shai Maestro Trio(シャイ・マエストロ・トリオ)」イスラエル・ジャズを牽引する若きピアニスト、シャイ・マエストロは19歳からベース奏者アヴィシャイ・コーエンのバンドで活動、一躍脚光を浴びました。その実力は巨匠キース・ジャレットからも賞賛されるほど。ニューアルバムを携えて、待望の初・沖縄公演ががらまんホールにて行われます。皆様どうぞご来場ください。【日時】2017年9月8日(金)19:30開演(18:30開場)【場所】がらまんホール【料金】一般前売 4,500円(当日 5000円)村民割引 3,500円(村民割引は村内在住、在勤者のみ)学生割引(小学生〜高校生) 2000円*全席自由*未就学児の入場不可【出演】シャイ・マエストロ Shai Maestro(pf)ホルヘ・ローダー Jorge Roeder(B)ジヴ・ラヴィッツ Ziv Ravitz(Dr)【ホールHPチケット予約】http://garaman.jp/events/form.php?num=222

宜野座村文化センターがらまんホールさんの投稿 2017年8月12日

 

この人のピアノの音は、とても静かでスッと心に沈んで入ってくる様な気がします。
上記の動画は、セカンド・アルバム「The Road To Ithaca(ザ・ロード・トゥー・イサカ)」の楽曲を使用しているのですが、このアルバムがとても良作なのです。(映像で使ったのは「Cinéma G」「Gal」の2曲。)当時リアルタイムで購入し、よく聴いていました。
イスラエル・ジャズ特有の異国情緒溢れるメロディーは非常に美しく、すべての楽曲が緻密に作られているのがわかります。
シャイのピアノは繊細なタッチで軽やか、でもアツいところはアツい!「Paradox」かっこいいですよ~!ジブ・ラヴィッツのドラムはパーカッション的アプローチも多く、実に多彩な音色を聴かせてくれます。「Zvuv」の冒頭はまさにそんな感じ。ホルヘ・ローダーのベースも素晴らしい、「Cinéma G」のソロもとても素敵です。それぞれの演奏技術の高さはもちろんですが、ピアノトリオ、バンドの一体感があって、一つの流れのようにうねりながら物語を紡いでいくよう。最後の曲「Malka Moma」だけ歌入りなんですね。透明感のある歌声、旅の終わりに相応しい感動的な曲です。

ともかく、全曲を通してアルバムとしてのクオリティが高い!(これは余談ですが、このアルバムがキース・ジャレットに称賛された模様。)基本YouTubeにもあるので、是非聴いてみてくださいね。気に入ったらアルバムを通しで聴くのがオススメです!
最新作の「ザ・ストーン・スキッパー」も要チェックですが、こちらもおすすめ!というブログでした。
皆様、9月8日は是非がらまんホールへ!

【ホールHPチケット予約】http://garaman.jp/events/form.php?num=222