「大人の音楽会」カテゴリーアーカイブ

3月8日チョンダラー講座&3月11日大人の音楽会

3月8日は文化講座「チョンダラーについて」、3月11日は大人の音楽会「陽気なイタリア人による本場窯焼きピザとバリトン歌手のコンサート」でした!

エイサー講座から派生した今回のチョンダラー講座、講師は久万田先生です。
最初は仏教の琉球への訪れ、県内各地のお寺の話から始まり、チョンダラーの歴史を現在に至るまでわかりやすく説明してくださいました。


チョンダラーの渡来には諸説あるようですが、いずれも興味深く、彼らが何を思って訪れたのかと過去に思いをはせました。
現在チョンダラーが盛んなのは泡瀬、宜野座、読谷、名護ですが、久万田先生が撮り溜めた映像の中には、宮古のちょっとユニークなものも。
そして中には約20年前の宜野座区公民館でのチョンダラーの様子という貴重なものもありました。


「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」
己のルーツを知ることは、これからの私たちが生きていく上できっと重要な知識となり得るはずです。形も大切ですが、先人の想いも共に受け継いでいきたいですね。

そして人気の大人の音楽会シリーズ。
今回は焼き立てのピザを食し、カンツォーネを聴くという優雅で贅沢な企画でした。陽気なイタリア人たち、なんと移動式の窯を持参してくれました。


うーん、いい匂い!


アツアツのピザは最高ですね。自主事業の際はロビーにてドリンクを販売しているのですが、ピザに合わせてかコーラがよく出ました!


もちろん音楽も素晴らしい。
前田さんの歌声とパフォーマンスに会場は大いに沸き、手拍子で盛り上がりました。

4月以降も面白い企画が目白押しのがらまんホール、要チェックです!

大人の音楽会Vol.67

ロビーにて毎月恒例の大人の音楽会が開催されました。 今回は大人の音楽会Vol.67美しきイタリア エミリア=ロマーニャ州編~イタリアから送る音楽と食の夜~ということで、宮城和佳子さん(ソプラノ)・具志史朗さん(バリトン)・与那原さゆりさん(ピアノ)そして、イタリア料理兼トーク担当のマルコ・マセッターニさんをお招きして、大人の音楽会を行いました。dsc086041

dsc08609

 

 

 

 

 

 

今回は「ミートソースときのこのパスタ」お持ち帰りしたいという方もいるほどとてもおいしいパスタでした!本番が始まると、綺麗な歌声と綺麗なピアノの音色でとてもうっとりしていました。dsc06942

dsc06938

 

 

 

 

 

演奏の間にはマルコさんがイタリアのロマーニャ州のこと等をわかりやすく映像なども交えながら説明してくださりイタリアの文化を知ることもできました。dsc06951

dsc07006

dsc06965

 

 

 

 

 

 とても素晴らしい演奏をしてくださった出演者の方々、大雨の中ご来場してくださったお客さま本当にありがとうございました。

大人の音楽会VOl.59

がらまんホール定期コンサート大人の音楽会Vol.59パーカ​ッションコンサート~打楽器・音のパズル~無事終わりました。い​やー、多彩でした!えっこんな楽器?えっこんな音楽?えっこうや​って叩くの?などお客さんも興味のある方は立って見たりと非常に​興味深かったです。012e5a4a7e4baba
 この写真にある背骨みたいな楽器は「トルン」というそうでベト​ナムの楽器で沖縄にはこれ1台しかないそうです。コンサート終了​後にはお客さんも楽器をまじまじ見てました。平良さん、川崎さん​、栄野川さんありがとうございました!機会があればまたぜひ第二​弾を!今日は本当にお疲れ様でした!

大人の音楽会vol.57アイリッシュハープとフルートコンサート

今日はロビーにて毎月恒例の大人の音楽会が開催されました。今回はアイリッシュハープとフルートコンサート~愛する人に贈る歌~と題し、フルート&アイリッシュハープデュオ~HANAEMI~さんのお二人で素敵な演奏をお届けしました。
dsc04254_r
ウエルカムミュージックはおなじみアフェットさん。飲み物を飲みながら明るいトークと演奏でいつも会場を和やかにしていただいてます。
dsc04276_r
HANAEMIのお二人です。
dsc04262_r
ハープの菅沼安佐代さん。ハープの演奏と素敵な歌声も披露していただきました。
dsc04274_r
フルートの玉那覇功さん。今回はフルートだけではなく木製のリコーダーやアイルランドの楽器も演奏していただきました。どれも素敵な音色でした。
dsc04259_r1
途中物語の朗読があったりお二人の楽しいトーク、沖縄の子守唄を歌ったり内容盛りだくさんでとても心地よい時間を過ごしました。

大人の音楽会vol.56 美しきトスカーナ

大人の音楽会vol.56がロビーで行われました。56回目の今回はイタリア・トスカーナから贈る音楽と食の夜と題し、お馴染みイタリア出身のマルコ・マッセターニさんによるお手製のイタリア料理と楽しいトーク、そしてソプラノ:知念利律子さん、テノール:古橋郷平さん、ピアノ:与那覇さゆりさんによる素敵な音楽をお送りしての素敵なコンサートでした.
dsc04215_r
ウエルカムミュージックのアフェットさん。客様からの声掛けもあったり会場をアットホームな雰囲気に包んでいただきました。
dsc04208_r
今日のお料理はミネストローネ。。具だくさんでとてもおいしかったです。おかわり自由でお客様にも満足していただきました。
ピノキオのエプロンがおちゃめなマルコさん。ありがとうございました。
p1190720_r
p1190742_r
演奏者のみなさん。素晴らしい歌声にみなさんうっとりでした。
大雨の中ご来場してくださったお客さまどうもありがとうございました。

大人の音楽会Vol.55黄金比率

さて、いよいよ今回でピアニスト矢沢朋子プロデュースシリーズの大人の音楽会が最後となります!今回のタイトルは「黄金比率!」そうです、あのカタツムリやピラミッドなど均整のとれたもっとも美しいとされる比率です。
e5a4a7e4babae381aee99fb3e6a5bde4bc9avol55e38397e383ade38397e383ade382b0e383a9e383a0
今回はこの比率を使って書かれた曲やその構造をモチーフにしたものなど等そんな曲の数々を演奏してくれました。構造という視点で建築家の平良さんにも来ていただき、様式美や身近にあるその秘密などトークもありました。残念なことに写真は撮り忘れてしまってないのです。悪しからず。。。

大人の音楽会の評

 今週末は大人の音楽会Vol.55矢沢朋子プロデュースシリーズ第四弾「黄金比率」The Golden Sectionがありますが、前回の評が3/6の琉球新報に紹介されていましたのでどうぞご覧ください。
e6bc94e5a58fe4bc9ae8a995

さて、今週末3/17のシリーズ最終回はピアノとコンピュータのコラボ、エレクトロ・アコースティックの曲もご紹介します。

コンサートはルイ14世時代のヴェルサイユ宮殿で響いていた宮廷音楽家リュリのバロック音楽でスタートし、現代曲のノーノはスピーカー4台を使ったサラウンド・サウンドのゴージャスな曲です!機材と人材の揃った宜野座でしか出来ない(!)と思われます。必聴!

ゲストは建築家の平良和繁さんです。平良さんはフィレンツェで暮らされたことがあり、「古い物と新しい物が同居、調和している街並みに惹かれた」そうで、その文化に触れたことがご自身の建築のアイデアにもなっているそうです。お話もとても楽しみです!

【日時】
3月17日土曜日 午後7時開場(午後8時開演)
【場所】がらまんホールホワイエ
【料金】
一律前売り1000円(当日1300円)
*限定60席(ご予約はどうぞお早めに)
*未就学児入場不可

催し物チケット予約について【24時間対応】
●電話:098-983-2613  
●メール:garaman@ginoza-bunka.jp
●HPより:http://www.ginoza-bunka.jp/theatre/
*留守電やメールにて予約の場合は、お名前、連絡先、催し物名、チケット種類、枚数をお知らせください
*前売り券は公演日前日の夜12時までとなっていますのでご注意ください。
*料金は公演日当日窓口にてお支払いください、チケットとお引き換えとなります。

皆様のご来場お待ちしております。

大人の音楽会Vol.54仏蘭西幻想奇譚

本日は大人の音楽会第54回が行われました。先月に引き続きピアニスト矢沢朋子さんのプロデュースシリーズです。
vol54e38381e383a9e382b7e3819be381a4e38281e38184e381a4e3818d
今回のタイトルは「仏蘭西幻想奇譚」です。仏蘭西(ふらんす)幻想奇譚(きたん・・・不思議な話)で、1890年代~20世紀初頭の世紀末芸術、また闇の社会と関連のある曲を実際にピアノで演奏、そして沖縄県立芸術大学の久間田先生がお話してくださいました。
p1190416_r
いわくつきの曲などを淡々と弾いてくれたピアニストの矢沢さん
p1190412_r
さすが大学の先生その知識から紡ぎだされるトークにはみなさん驚いていました。
p1190408_r
さて、来月はこのシリーズ最後の公演となります、どうぞお聴き逃しなく!

大人の音楽会Vol.53印象派~ジャポニズムから現代へ

本日は大人の音楽会第53回目が行われ、10月に引き続きピアニスト:矢沢朋子さんによりプロデュースシリーズです。タイトルは「印象派~ジャポニズムから現代へ」です。本番前の1/12にはRBCの取材も受けました!
dsc02636_r
当日のプログラムは、
e5a4a7e4babae381aee99fb3e6a5bde4bc9avol53e38397e383ade38397e383ade382b0e383a9e383a0
ピアノは矢沢朋子さん
dsc02660_r
今回はトークに美術家の中ザワヒデキ氏をお呼びしました。
dsc02663_r
この時代の作品とその背景をプロジェクターを使いながらわかりやすく解説してくれました。
dsc02661_r
中ザワさんも自身の作品を解説してくれました。これはけっこう前衛的でいつもの音楽会のお客さんはみなさん???でしたようです。
dsc02681_r
dsc02685_r
さらに、琴とピアノ、そしてパソコンとの共演!琴の人がヘッドフォンしているのが分かりますでしょうか?これはあらかじめ決められたクリック音(メトロノーム)に合わしてピアノの人と共演しているのです。不思議ですね!
dsc02687_r
dsc02694_r
初の現代曲コンサートでしたが解説もあり楽しいコンサートでした。まだこのシリーズは2月、3月と続きます。
dsc02678_r